nlpプラクティショナーなどの有意義セミナーで知識を職に活かそう

スーツの男性

知的財産を守る

知的財産権とは

知的財産はしばしばニュースでも耳にする言葉です。特にブランドの偽物は知的財産権を侵害しているとして犯罪となり、ニュースで取り上げられます。アイデアもそうですがブランドを含め形あるものに与えられた権利が知的財産権であり、これを犯すことは犯罪となります。そのため各企業には知財グループが存在し、自社の製品の権利を侵しているものはないのかや新しく製品化しようしとしているアイデアが他社の権利を侵害することはないのかといったことを調査しています。知的財産について勉強するには、知財について説明されている書籍がたくさん販売されているので自身でも勉強できますが知財セミナーも各地で頻繁に開催されています。中には無料のものもあります。

セミナー利用のメリット

技術者であっても自分で考えたアイデアを特許にするには知財の知識が必要です。実際にはアイデアを知財部を通して特許事務所に出願依頼することになりますが、特許含め知財の知識を身に付ける必要がでてきています。知財セミナーを活用し、知識を深めるのも1つの手です。知財セミナーでは他の企業の技術者も参加しているので、他社の技術者と知り合いになることもできます。またセミナーには初心者向けや特許出願など色々なテーマのものが開催されているので自身が仕事で関連のあるものを選んで参加することも良いでしょう。また知的財産権には特許権の他に実用新案や商標など様々なものがあるので、セミナーに参加すると知識を増やすことも可能です。